カードローン総量規制対象外の審査について

カードローンの契約は比較的契約しやすい金融サービスであるという特徴があります。多重債務などの実績がなく、ある程度の年収があれば契約することに問題が生じるケースは少ないといえます。このような性質を持つカードローンの場合、利用することが出来る上限額については金融機関側が定めることになるのが一般的です。金融機関によってさまざまな上限額のサービスを展開していますので、その中から契約可能なサービスが信用の程度によって決まってきます。
総量規制の対象となる貸金業者においてはその基準は明確であり、年収の3分の1を超えない金額が上限となります。しかし総量規制対象外の金融機関のカードローンにおいてはどのような基準で審査されることになるのかはあまり一般的には知られていません。専業主婦のように定期収入を証明することが出来ない人の場合には、その信用の程度を別の方法で図ることになるのが一般的です。
例えば配偶者の収入がある場合には、その配偶者の信用を借りることでカードローンの契約が可能になる場合があります。その場合に認められる上限金額は一般的にはかなり低いものに設定されますが、それでも契約が成立する可能性があるという点において貸金業法の規制を受ける金融機関とは違うといえるでしょう。総量規制対象外であるということは審査が緩いということを意味するものではなく、関係者などの信用も含めてしっかりと調査を行うことで契約が可能であるということを意味しているのです。

Malloy