個人間でお金を借りることはトラブルにも

お金が必要なときは人生の中で何度もあります。例えば生活をしていく上で家電製品が必要となった、生活必需品が必要になることがあり、これらがなくては生活できないような場合はどうしてもお金が必要になります。
また自動車などを持っているような場合は車検など一時的に発生する費用もあります。それ以外に事故や怪我をしたような場合や病気になってしまったなどで手術などお金がかかることがあるのです。
お金が必要な場合、きちんと仕事をしていて貯金があるような場合は一時的にお金が必要な場合も対応することは可能です。しかしお金が不足するような場合や、それにお金を使ったことで生活のほうが十分にできないようになることがあります。
このような場合はお金を借りる方法は、一般的な銀行や金融機関などでキャッシングやローンを行うと利息がかかってくることにもなります。
少しくらいだからといって個人間で友達などにお金を借りるとトラブルになることが多いのです。お金の切れ目が縁の切れ目ともいいますが、これは友達に対しても同じことなのです。
よくあるのが数千円や数万円だからといって友達にお金を借りて来月給料が入ったら返すといった口約束を行う場合もあります。次の給料が入っても必ずお金を返す分が確保できるとは限らないのです。
結局お金が入っても他に使うものがあって友人にお金を返すことができないことがあります。
こうなればもう信用は失ってしまいます。せっかくの友人をたった数千円や数万円で失うことにもなります。

Malloy